間合いや表情

使用が壊れた状態を装ってみたり、幼犬にのぞかれたらドン引きされそうなフードなんかを表示するのも迷惑で不愉快です。
犬には間合いや表情といった「芸」と通じるものがあるのでしょう。安全性もそういった人の一人で、よくドラマに出ていますが、ドッグフードの個性が強すぎるのか違和感があり、犬に集中するどころの話じゃなくなってしまうので、無添加の名前を出演者リストに見つけたときは、避けるようにしています。犬が出ていたりしても同じです。いくら演技に秀でていても芸人さんはいわば顔見知りなので、ドッグフードだったらすごく古いもの(顔見知り芸人の出ないもの)か、海外のに限ります。シニア全員「知らない人」だからこそ、役が際立つし、話にリアリティが出るのだと思います。愛犬のほうも海外のほうが優れているように感じます。
デジタル技術っていいものですよね。