残業はきつい?【結論、残業がどれくらいであれきつい仕事はきつい】

・残業が月40時間超えできつい!
・もっとプライベートのとれる仕事がしたい!
・ワークライフバランスを優先できる働き方がいい。

仕事を行ううえで考えるべきは「優先事項」
仕事なのか、生活なのか、時間なのか。

結論を先に言うとしたら仕事はあくまで手段だということ。
人生の目的は決して仕事をすることではありません。

でも、残業を必要なものだと捉える人もいます。
それは、残業を通しての得られるものがあるから。

なので、残業がきつい!と感じる人は何をやってもきつい。
月40時間であれ、45時間であれ、「残業」に対する捉え方を変えない限りきついままです。

先にもいった「優先事項」の考え方です。
残業以上に、残業で費やした時間をプライベートに費やしたい、という思考が働きます。

ですので、残業を残業としかとらえれない人は残業の少ないもしくはない仕事に転職するのが賢い行動です。

残業のない、プライベートを優先できる仕事はあります。
また、フリーランスなどの自由な働き方を選ぶのもよいでしょう。

要は手段はいくつも持っておくのが賢明です。
人生100年時代と呼ばれる昨今、生き方は常に模索しておきたい。

参考:残業が40時間超でもきついと感じるのは人それぞれ【でも人権問題は即転職】