ガジュマルの木の生命力

すべての木の中で、おそらく最も特徴的な形で生命力のある木といえはガジュマルです。
もともとは、インド原産の木であるフィカスベンガレンシスの一般名「バンヤンツリー」としてのみ使用されていました。
今では、同種属の樹木にも同じように使用されています。この言葉はポルトガル語で、後に英語で、ガジュマルの木の天蓋の下の日陰と涼しい空気を利用して製品を販売した商人、つまりバニアを指すために取り上げられました。したがって、バニャは実際には木ではなく「商人または食料雑貨店」を指していました。今日、その意味は、避難所で商売をするために集まった人々ではなく、木を指すようになりました。
ガジュマルの木の果実は、鳥やコウモリによって消費され、粘着性のある種子は別の木の樹や枝に堆積します。
そこで種子が発芽すると、ガジュマルの実は宿主の木に着生植物として成長します。着生植物として、実は光合成や水分吸収のため根は、宿主の木の表面から水を吸収します。
やがて、宿主の木の幹の側面を下って成長し、根が地面に入り成長をしていきます。
これらの根の多くが地面などに降りてくると、最終的には宿主の木の幹を取り囲みその生命力で「絞め殺し」ます。